マイクロ波エネルギー応用に関する第1回 国際会議が,2008年8月琵琶湖のほとりで,
21カ国 300人の研究者を集めて開催されました。この会議では,初日ショートコース
Theoretical Investigation of the Mechanism of the Microwave Heating

を担当し,また研究においては,マイクロ波磁気成分による磁性物質の選択的加熱,
電場成分による誘電体加熱に関する研究:
Theoretical Studies of Microwave Heating of Liquid and Solid Matters 

を発表しました。この論文は,国際マイクロ波エネルギー応用学会から,その最高栄誉賞
である Rustum Roy Innovator Award (Rustum Roy革新的研究賞)を授与されました。

 Professor R. Roy (アメリカ、ペンシルバニア州立大学)は,従来不可能と考えられて
いたマイクロ波による金属の加熱・焼結が,金属を粉体とすることで可能となることを,
世界で初めて証明した(Nature, 1999),この研究界の第一人者です。

Rustum Roy Innovator Award
Given to “Theoretical studies of microwave heating of liquid and solid matters”,
by M. Tanaka, H. Kono, K. Maruyama, M. Ignatenko, and M. Sato.

For the most significant contributions to scientific research in
The Fieldof Microwave and RF Power Engineering (MAJIC),
The International Federation of Associations, at 1st Global Congress
on Microwave Energy and Applications, August 4-8 (Shiga, Japan, 2008).

          

Return to Homepage






        

琵琶湖東岸

分科会

晩餐会

                 

                  


GCMEA & Rustum Roy Innovator Award