田中基


専門分野 プラズマ物理,高分子物理,
      理論と分子動力学シミュレーション研究


研究履歴
 東京大学,理学部,理学研究科博士課程修了,理学博士(1981)
 アメリカ,メリーランド大学,研究員(1981-83)
 広島大学,核融合科学研究所に勤務(1983-2009)
 アメリカ,マサーチュセッツ工科大学,派遣研究員(1996-97) 
 ドイツ・高分子科学研究所,派遣研究員(1999)
 日本,文部省特定領域研究,理論班長,事務局(2006-11)
 現在,中部大学工学部,および大学院工学研究科,教授

主な著書
 著書:プラズマの物理学,田中基彦,西川恭治,丸善(1991, 1996)
 翻訳:自然世界の高分子,田中基彦,鴇田昌之,吉岡書店(2016)

主な研究論文

1. M.Tanaka and M. Murakami, Relativistic and electromagnetic molecular
 dynamics simulations for a carbon-gold nanotube accelerator,
 Computer Physics Communications, Elsevier Publ.,
 DOI: 10.1016/j.cpc.2019.03.012, online April 1 (2019).

2. M.Tanaka, H.Kono, and K.Maruyama, Selective heating mechanism of
 magnetic metal oxides by a microwave magnetic field, Phys.Rev. B., 79,
 104420 (2009).

3. M.Tanaka and M.Sato, Microwave heating of water, ice and saline solution
 Molecular dynamics study, J.Chem.Phys., 126, 034509 1-9 (2007)

4. Y.Rabin and M.Tanaka, DNA in nanopores - Counterion condensation
 and coion depletion, Physical Rev. Letters, vol.94, 148103 (2005).

5. M.Tanaka and A.Yu. Grosberg, Giant charge inversion of a macroion
 due to multivalent counterions and monovalent coions: Molecular dynamics
 study, 115, 567-574 (2001).

6. M.Tanaka, Macro-particle simulations of collisionless magnetic reconnection,
 Phys.Plasmas, 2, 2920-2930 (1995).

7. M.Tanaka and K.Papadopoulos, Creation of high-energy electron tails
 by means of the modified two-stream instability, Phys.Fluids, 26, 1697
 (1983)


アメリカ,ロシア(アメリカ),ドイツ,日本の研究者と広く共同研究を
行い,その研究(要約)は,このホームページに掲載した。
http://dphysique.isc.chubu.ac.jp/

論文リスト


To top page


Biography
In English please read:
English profile
_

.